こんにちは!クロワークス OKAです!

YouTubeの視聴者様からコメントで要望をたくさんいただいたので、クロワークス号の天井にあるラックをご紹介します!

イレクターパイプでDIY作成したこのラック、

車中泊だけでなく、様々なシーンで使えるのでぜひ参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

DIYで車中泊を便利に♪イレクターパイプで自作ラックを作成

今回の動画には、視聴者さんの間で伝説になったシーンが収録されておりますので、ぜひ最後までご覧下さい!

DIYで作成したイレクターラックがかなり便利!

このイレクターラック、実は4年くらい前にすぐる代表が自作したものです。

強度はそこまで強くはありませんが、いろいろな使用用途があります。

車中泊する時にランタンをぶら下げたり、温泉に入った後タオルを引っ掛けたり、

S字フックなどを付ければ、ある程度のものは引っ掛けられちゃいます。

物をかけておけばその分荷物を下に置かずに済むので、整理整頓にもいいですね♪

また真ん中に2本、イレクターパイプが橋渡し状になっており、その上に物を載せることもできます。

例えばロッドホルダーにもいいですし、カメラの三脚も固定できます。

次はその取り付け方法を見ていきましょうー!

スポンサーリンク

DIYイレクターラック取付方法

このラック、サイドバーの部分はこんな感じで取り付けてあります。

両側に一本ずつイレクターパイプが取り付けてあり、固定してあるのは三箇所。

また、橋渡しになっているイレクターパイプが2本あります。

サイドバー、前側1箇所

まずサイドバーの前側ですが

グリップを取り外し、そのネジ穴を一箇所利用して取り付けされています。

サイドバー、後ろ側2箇所

サイドバーの後ろ側2箇所、真ん中と後ろに関しては、穴がなかったためドリルで穴を空けています。

その穴にターンナットを仕込んで、固定しています。

橋渡し部分

橋渡しになっている部分は、適切な長さにカットしたイレクターパイプの両端に、

切り口が蓋になっており、接続する輪っかも付いたこの部材を取り付けてあります。

その部材を写真で見るとこんな感じです。

これを使って

ガシッとはめ込みます。

次は使われている部材をご紹介します♪

使用している部材と加工を紹介

まずラックに使うイレクターパイプですが、これは自分の車にあった長さのものを用意しましょう。

ちなみにこちらは、長さ1500mmのものです。


イレクターラックに使用している部材はこちらです。

この写真を見ると、その形の違いに気づくと思います。

DIY加工

まず、両端のネジ穴が付いた出っ張っている部分を切り落とします。

次に、写真でネジが留まっている部分ですが、ここには本来ネジ穴がありません。

ですので、ここにネジが通るくらいの穴を空ける必要があります。


橋渡しに使用している部材はこちら!

これらの部材に関しては、送料が高くつく可能性があるので、近場のホームセンターで買うのもありだと思います。


また、車体や部材に穴あけ加工が必要な場合は、電動ドリルがおすすめです。

ぜひ参考にしてみて下さい♪

まとめると…

・いろいろなものをかけたり載せたりできるイレクターラックがあると便利♪

・車体によっては穴あけ加工が必要!

・細かい部材は送料に注意!

 

自分も車中泊の旅などでこのラックを使用させてもらいましたが、

濡れたタオルを乾かしたり、荷物を引っ掛けたり、様々な使用用途に使えてとても便利でした♪

この記事や動画を参考にぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

それではっ!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事