焦げたチーズって最高ですよね。

私もおいしく焦げたチーズ大好きです。

でも、フライパンでやろうとしても大変だし、トースターで調節するのもめんどくさい・・・

そこで今回は、チーズを簡単に焦がす方法と、それを使ったアレンジレシピをお伝えします。

チーズの簡単な焦がし方

フライパンやトースターを使ってチーズをいい具合に焦がすのってけっこう大変なんですよね。

チーズを簡単に焦がすのって、実はめちゃめちゃ簡単なんですよね。

だって、ガストーチバーナーを使うだけなんです(笑)

これを使えば超簡単に炙りチーズが作れます。

使いやすいチーズの種類は、スライスチーズやシュレッドチーズですね。

私の使っているトーチバーナーの使い方をお伝えします。

1.カセットガスボンベに装着

私の持っているトーチバーナーは、そのまま差し込むタイプですが、回して装着するものもあります。

2.ガスを調節する

プラスの方に回すとガスが出ます。

最初はなるべくちょっとずつ出すようにしましょう。

3.トリガーを引いて着火

ガスを出したらトリガーを引いて着火します。

チーズを炙りましょう。

炙る時のコツ

炙る時は、なるべくトーチの先から離すようにしましょう。

食材にガスのニオイがついてガス臭くなってしまいます。

(と、言いながら私はついつい近づけて炙ってしまいます。笑)

火の勢いも弱めから徐々に強くしていくようにしましょう。

最初から火力が高いと普通にコゲます。

これでいい具合に焦げ目をつけることができます。

(と、言いながら私はけっこう焦がしてます。笑)

  4.消火する時は・・・

ガスを締めると消えます。

トリガーを引くと消えるタイプもあります。

 トーチバーナーは物によって使い方が微妙に違います。ご使用前に説明書をご覧下さい。

チーズの焦がし方を応用したレシピ

じゃがいも+チーズ

じゃがバターに飽きた時、バターの代わりにチーズを乗せて炙る。

ジャーマンポテトの上にチーズを載せて炙る。

フライドポテトにー

じゃがいもとチーズは無限です。

サーモン+チーズ

炙りチーズサーモンって、安いサーモンでもけっこうおいしいんですよね。

チーズを乗せて炙るだけで、スーパーで売れ残っていた寿司でもけっこうおいしいです。

牛丼+チーズ

チーズ牛丼をお持ち帰りして炙るのもオススメです。

牛丼屋でチーズ乗せるだけでけっこう高くなるので、プレーンの牛丼をお持ち帰りしてアレンジする方が安く済みます。

しかも炙れます。

スポンサーリンク

チーズ以外の炙るとおいしい食材

魚や肉

脂ののった魚(サーモンや鯖など)は、炙りに最適です。

スーパーで買ってきた安売りの寿司も表面を炙るだけで美味しくなったりします。

牛のたたき、カツオのたたきなんかもバーナーがあればできます。

炙りチャーシュー丼も自宅で作れます。

マヨネーズ、バター

チーズと同じくらい炙るとうまいのが、マヨネーズやバターです。

マヨネーズをぬってからトースターで焼くと、パンがしっかり焼けなかったりするんですよね。

そこで、トースターでパンをしっかり焼いてからマヨネーズをぬって炙るとめちゃくちゃうまいです。

あと、バターって乗せてもなかなか溶けなかったりしますよね?

そういう時にバターを炙るといい感じです。

スイーツ

スイーツもけっこう炙れます。

例えばマシュマロとかプリンですね。

簡単に焼きマシュマロができますし、市販のプリンを皿に出してカラメルを軽く炙るように焼くといい感じです。

チーズケーキを炙ってもうまいでしょうし、みたらし団子なんかもいいですね。

・・・あ、食べたくなってきた。

最後に・・・

トーチバーナーは最強の調理道具

このトーチバーナーを買っただけで、料理の幅は大分広がりました。

簡単に誰でも扱えるので、お手軽に焦がし○○や炙り○○が作れます。

これは個人的な意見かもしれませんが…

ただのチャーシュー丼よりも、炙りチャーシュー丼の方がテンション上がりませんか?

・・・そうでもないですか?(笑)

バーベキューで木炭の着火にも使えますし、本当に最強です!

ぜひ!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事