こんにちは!OKAです!

この度、私たちクロワークスは、初の企業案件をいただくことができました!

やったー!\(^o^)/

ということで、ROCKPALSの60000mAhポータブル電源を手に入れたので、自作のサブバッテリーと比較し、レビューした動画を撮影しました。

実際にいろいろな電化製品を使用してみたり、正弦波や対応Hz(ヘルツ)についても調べてみました。

スポンサーリンク

ROCKPALSのポータブル電源と自作サブバッテリーの比較レビュー動画

ROCKPALS ポータブル電源(60000mAh)のスペック

電池

リチウムイオン電池

充電(入力)

AC用充電ケーブル(15V/4.0A)

DC用充電ケーブル(15V/4.0A)

※別売りのソーラーパネルでの充電も可能です。

(ソーラーパネルで充電する場合、DC5.5、2.1mmケーブルとのご利用がおすすめです)

出力

○AC:110V/60Hz(90~130V)(Max300W)

ポート、2箇所

※海外のコンセント企画にも対応

○USB:DC5V/3.1A(Max)

ポートは、2箇所(正直4つは欲しかった)

○DC:9-12.6V/6A(Max)

ポートは4箇所ですが、付属ケーブルは1本のみ

外形サイズ

幅:255mm

高さ:160mm

奥行:100mm

重量

約2.6kg

付属品

ポータブル電源 ×1

取扱説明書 ×1

充電用ACアダプター ×1

DC充電ケーブル ×1

カーチャージャー ×1

シガーソケット ×1

スポンサーリンク

自作サブバッテリーとの比較

↓こちらの記事でもご紹介している自作サブバッテリーと比較してみました。

カーバッテリーでポータブル電源を自作!走行充電可能で車中泊もOK

容量の差は?

クロワークスでも容量の比較をやりたかったのですが…

どうやって計算して比較したらいいかわからん!

ということで…

YouTubeLiveで視聴者さんにお聞きしたところ…

すぐる代表が自作した『恥ずかしながらサブバッテリーシステム』の容量は…

46Ah ✕ 12V = 552Wh

ROCKPALSのポータブル電源は…

60Ah(60000mAh)✕ 3.7V = 222Wh

ということで、

比較するとすぐる代表自作の『恥ずかしながらサブバッテリーシステム』の方が、2倍以上の容量があるようです。

すげぇ。

大きさと重さの違い

ただ、ROCKPALSのポータブル電源に比べると、自作サブバッテリーはとてつもなく重いです。

あとデカい。

そこは大きな違いになりますね。

ROCKPALSのポータブル電源は、軽くて持ち運びやすいので、ちょっとした車中泊やキャンプにはかなりおすすめです。

正弦波の違い

自作サブバッテリーに関しては、下記のインバーターを使用しています。

こちらのインバーターは疑似正弦波となっており、使用できない電化製品も存在します。

(ただ、PCは問題なく充電はできました。)

純正弦波のインバーターもありますが、お値段がなかなかお高いんですよね…

しかし、ROCKPALSのポータブル電源は純正弦波となっているので、ほとんどの電化製品は家庭での充電と同じ波形で充電が可能です。

価格の差

自作サブバッテリーは、同じものを作ろうとすると、おそらく20000円ほどかかります。

とにかく値段重視の安いカーバッテリーを使った場合は、10000円から作成可能です。

(詳しくは下記の記事で!)

カーバッテリーでポータブル電源を自作!走行充電可能で車中泊もOK

ROCKPALSのポータブル電源に関しては、現状安いところで24000円くらい。

拡張性

拡張性を考えた場合は、自作サブバッテリーの方が有利かもしれません。

バッテリーが劣化した場合も、カーバッテリーさえ交換すれば、また使えるようになります。

また、バッテリーの容量を上げることで、より大容量のサブバッテリーを作成することが可能です。

市販のポータブル電源に拡張性はないので、自作サブバッテリーの方が、男のロマンはありますね(笑)

他の市販ポータブル電源との比較

同じ価格帯のポータブル電源を少し調べてみたところ…

同じ容量のものはだいたい似たようなカタチをしておりました(笑)

OEM的な商品みたいですね。

今回ご紹介したROCKPALSのポータブル電源に関しては、

周波数が60Hzのみ対応となっています。

ですので、ROCKPALSのポータブル電源を候補に入れた場合、

周波数50Hzの電化製品を使用したい場合は、注意していただければと思います。

今回ご紹介させていただいたROCKPALSのポータブル電源は、他のポータブル電源と比べてもけっこう悪くないと思います。

が、私たちも紹介したからと言って

「絶対にこれがおすすめです!」

と言うつもりはなくて…(笑)←

もっと容量が大きいものであったり、もっとサイズが小さいものであったり…

様々なポータブル電源が売られています。

自分の用途に合わせて、その中から最適なものを選んでいただければと思います。

こちらのROCKPALSのポータブル電源があなたの購入候補に入っていた場合、

今回の動画や記事が選考の参考になれば幸いです。

まとめると…

・ROCKPALSのポータブル電源はそこそこいいと思う!←

・純正弦波なので、家と同じように電化製品が充電できる

・周波数は60Hzのみなので注意!

 

今回ご紹介したポータブル電源はこちら

もしあなたのおすすめポータブル電源がありましたら、ぜひコメントで教えて下さい。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事