スポンサーリンク

こんにちは!OKAです~

イワタニのジュニアコンパクトバーナーの欠点は、

ガスボンベの取り付け位置に遮熱板が付いていないことです。

夏場など暑い時期には、輻射熱が気になるところ。

そこで今回は、その対策として遮熱板を導入してみました!

イワタニジュニアコンパクトバーナーの輻射熱対策に遮熱板導入!【動画】

ジュニアコンパクトバーナーにピッタリなバーナーパッドを作ってみた結果…笑

遮熱板よりもバーナーパッド作成がメインの動画です。

ちなみに、自作バーナーパッドのDIYはこちらの記事が参考になります。

自作バーナーパッド【改良版】

スポンサーリンク

ジュニアコンパクトバーナーの輻射熱はヤバい!?

イワタニのジュニアコンパクトバーナーは私も持っていて、

とても使いやすいバーナーだと思います。

ただ、夏場などの暑い時期に大きな鍋や、バーナーパッドを使ったりする際には、輻射熱が気になります。

輻射熱というのは、熱を持った物質が余ったエネルギーを電磁波として放出して

それが熱となって他の物質に伝わるみたいな感じらしいです。

要は、高熱を持った鍋やバーナーパッドが近くにあると、その熱がカセットガスに移って危険だよってことですね。

ちなみに、冬場は逆に熱で缶があたたまるので、むしろ遮熱板は不要です。

(カセットガスは冷えるとパフォーマンスが低下するため)

スポンサーリンク

輻射熱対策に遮熱板導入!

夏場などただでさえ暑いような時期に、カセットガスが熱を持ちすぎるのは危険ですよね。

そのため夏場は遮熱板が必要になってくるわけです。

で、調べてみたところ、この遮熱板がよさそうです。

こちらの遮熱板、もちろんジュニアコンパクトバーナー専用に作られていて

何より素晴らしいのが、専用ケースに収められるというところ。

ジュニアコンパクトバーナーには専用ハードケースが付属しているのですが、

この中にピッタリ収まります。

かと言って、本体と同時に入れても窮屈になることもありません。

取り付け位置はここ。

こんな感じでハマります。

ステンレス製で厚みが1.0mm。

使ってみたところ、熱を遮断してくれていました。

実際に使用した人たちの感想はこんな感じです。

ちょっと大きい鉄鍋を乗せると、CB缶への熱が心配だったんですが、これは大変効果的です。

ガスボンベは、ほとんど熱くなりません。
ありそうでなかった素晴らしいアイテム。

連続30分程使用しましたがボンベは熱くなっていませんでした。

他のレビューをよませてもらっても、効果が確認できたという人が多いようです。

ただ、中にはこんな意見も…

熱が伝わらない…この最重要ポイントについては問題ないと思います!
ただ個体差なのかな?はめる部分が緩くてすぐに外れてしまうのがとても残念でした。

ということで、これの対策について考えてみます。

遮熱板を安定させる方法

ジュニアコンパクトバーナーを使用する時に、緩くてすぐ外れてしまうのが使いづらいという人がけっこういました。

遮熱板がするすると動いて回転してしまうという意見もありました。

正直火にかけている時は動かすことはあまりないので、私は気にならないのですが…(笑)

で、そのフィット感への対策方法を見つけました。

取付時のガタは私も気になった為
本商品を一番上の隙間に差込み その間にM10スプリングワッシャーを挟めてあげれば
ガタ付きも周り止めにもなります。コレが一番簡単。取り外しは この遮熱板を取り外した際に
一緒に取れます。以前このステンレス板に穴あけをした際 結構難儀だったんで この方法にしてみました。
オススメ!

こちらの方法でなら、けっこう簡単に対策ができそうです。

M10のスプリングワッシャーは

こんな形のやつで、ホームセンターにも売っていると思います。

値段もそんなに高くないです。

緩くてすぐ外れてしまうのが気になる方はぜひお試しあれ^^

まとめると…

専用ケースに入るのがとてもいい!

ジュニアコンパクトバーナーは、コンパクトに持ち運びができるのも売りの一つなので、

その携行性の利を活かしてくれるのは、とても嬉しいですね♪

私も夏にやるBBQが大好きなので、どんどん使っていこうと思います!

みなさんも、夏場の輻射熱対策にぜひ一枚!

それでは!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事