こんにちは!ブームから少し遅れてメスティンにハマりだしたOKAです!笑

どうせメスティンでご飯を炊くなら、できるだけ楽にご飯を炊きたいですよね。

メスティンで楽にほったらかし炊飯するには、ポケットストーブと固形燃料はもちろんですが、

火を風から守ってくれる風よけ、ウインドスクリーンがあると完璧!

そこで今回は、メスティンでほったらしかし炊飯するためのおすすめポケットストーブとウインドスクリーンを紹介します。

スポンサーリンク

メスティンのポケットストーブと言えば?

メスティンのポケットストーブと言えば、みなさんご存知(?)エスビットのポケットストーブですよね。

こいつは私も持ってますが、コンパクトでメスティンの中に収納できるのでいいですよね。

できは本家よりも悪いですが、激安な類似品もあるようです。笑

てな感じで、

「メスティンと言えば、エスビットのポケットストーブだよね!」

という地位を確立しているエスビットのポケットストーブ

ですが!

最近、エスビットのポケットストーブよりよくね?

っていう、ポケットストーブを発見してしまいました。

それがこちら。

エスビットよりも若干お値段は高いのですが、今から買うなら個人的にはこちらをおすすめしたいです。

その理由はいろいろありますが、まずは、ステンレスで丈夫ってとこですね。(エスビットは亜鉛メッキ鋼)

また、燃料受け皿があったり、エスビットのように切断面が尖っていないのでより安全!

サイズもメスティンにぴったり収まる範囲内です。

あー、エスビットがなかったらコレ欲しかったなー。笑

メスティンのほったらかし炊飯用固形燃料はこれ!

エスビットのポケットストーブ用固形燃料であったり、先ほど紹介したロゴスのであったりは、質は良いのですがほったらかし炊飯にはあまり適していません。

コスパもあまりよくないし、何より燃焼時間が微妙です。

私がおすすめしたいのは、100均(ダイソー)で売っている100円で25gが3個入りの固形燃料です。

この固形燃料がほったらかし炊飯に超最適です。

ほったらかし炊飯をするには、自動で火が消えてくれるという固形燃料の性質は必須です。

また、この固形燃料であれば燃焼時間も申し分ないので、ご飯を炊くのにちょうどいい時間だけ燃えてくれるのです。

短い期間で大量に使用する方は、こちらの大容量タイプがおすすめです。

このタイプの固形燃料はコスパは良いのですが、経年劣化が大きく、長期保存には不向きです。

ですので、短い期間で使い切らないと、燃焼時間がどんどん短くなってしまいます。

ただ、どうしても長期保存しなければならない時は、冷蔵庫などに入れて保管しておくと経年劣化が防げるようです。

下記の記事では、100均で買えるおすすめアイテムや、エスビットの固形燃料と100均固形燃料の比較もしているので、ぜひご覧になってください

メスティンに使える100均アイテムと固形燃料

スポンサーリンク

メスティンにピッタリ!おすすめウインドスクリーン

メスティンでほったらかし炊飯をするには、固形燃料を使い切る前に火が消えないようにする工夫が必要です。

それが、風よけです。

固形燃料の火は少しの風でも消えてしまう恐れがあるので、屋外で使う場合は特に風よけは重要となります。

そのためのアイテムがウインドスクリーンです。

風よけが重要ということがわかっていても

「風よけごときで1000円も2000円も払いたくない!」

と言う人も多いハズ。

そこで、今回は

メスティンにぴったりサイズ、かつ激安なウインドスクリーンをご紹介します。

このウインドスクリーン、メスティンに超ぴったりです。

メスティンを囲んだ状態を横から撮ったものですが、ちょうどいいサイズですよね。笑

すっぽりメスティンが覆われます。

また、ぴったりなのはこれだけではなく、

収納もぴったりサイズ!

専用の袋もついているので、中も傷つけることはないです。

こんな感じで、底網、ウインドスクリーン、エスビットが全部入ります。

私がamazonで買った時は、送料合わせて318円でした。

ショップにこだわりがない方は、多分amazonで買うのが一番安いと思います。

このウインドスクリーン、作りはまあそれなりですが、値段も激安で超使えるアイテムです。

逆に「風よけと言えど、もうちょっとちゃんとしたのが欲しい!」

という方は、こちらがおすすめです。

まとめると…

・ポケットストーブのおすすめは『ロゴスのマイクロステンコンロ』

・固形燃料のおすすめは『ダイソーの25g3個入り固形燃料』

・ウインドスクリーンのおすすめは『amazonで買ったノーブランド品』←

こんな感じです。

これを参考に、メスティンでの快適なほったらかし炊飯をぜひ堪能してください。

「それよりもっといいのがあるぞ!」

という方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントで教えてくださいね!

それではー!

スポンサーリンク
おすすめの記事