スポンサーリンク

こんにちは、OKAです!

最近の車には、インジケーターに平均燃費が表示されるようになっています。

その平均燃費の表示は正しいのかどうか、

満タン法を使って検証してみました。

車の平均燃費メーターは正確?満タン法で検証した結果…【動画】

スポンサーリンク

平均燃費って何?

そもそも車のインジケーターに表示されてる「平均燃費」って何?

という人もいると思います。

インジケーターに表示される平均燃費は、ガソリンの噴射量を機械で測定し、計算された数値です。

機械が認識した噴射量に補正が入り、平均燃費が算出されています。

スポンサーリンク

満タン法とは?

満タン法とは、走行距離と給油量で燃費を測る方法の一つです。

やり方はシンプルで簡単♪

1.ガソリンを満タンにする

2.トリップメーターを0にリセットする

3.ある程度走ったら、ガソリンを満タンにする

これだけです!

↓ちなみにトリップメーターはこんな感じのやつです。

好きな時にメーターをリセットして距離を測ることができます。

これを利用して、満タンから満タンにした時の距離と給油量で、

だいたいの燃費を算出します。

計算式にすると

距離(km)÷給油量(L)=燃費(km/L)

計算例

例えば、ガソリンを満タンにしてから300km走行し、

またガソリンを満タンにしたら20L給油できたとします。

そうすると

300km÷20L=15km/L

となります。

つまり、

ガソリン1Lあたり、だいたい15kmくらい走行できたかな

というのがわかります。

平均燃費メーターは正確?満タン法で比較検証!

それでは、平均燃費のメーターは本当に正確なのか?

実際に検証してみます!

今回走るのは、名古屋~群馬間。

ほぼほぼ高速道路上を走ることになります。

今回検証に使うのは、もちろんこの車!

エブリィ DV17V PCリミテッド

4速オートマで四駆の『クロワークス号 初号機』です。

中古ですが状態もよく、走行距離も5000kmちょっとでした。

こちらの車はフォレストオートさんで

納車時に「リフトアップスプリング」というものを組み込んでいただいて、

見ての通り、車高が上がっている状態。

でも、乗り心地は抜群です♪

2018年12月に納車していただいたばかりの車で、

パートタイム四駆を駆動するための機構がついていて若干重量があり、

14インチのホイールに「NANKANG FT9」のマットテレーンのタイヤが入ってます。

空気圧は納車時に2.5くらいの空気圧で入れていただいております。

車重やタイヤの外径、重さなどが、どう燃費に影響するのかも検証できればと思います。

比較検証した結果…

名古屋から群馬県館林市まで、高速道路を走ってきた結果…

429.5km走行し

満タンまでガソリンを入れて、34.33L給油しました。

満タン法に従って計算してみると…

429.5km÷34.33L≒12.5km/L

という結果になりました。

これが満タン法で出した、実際に近い燃費になります。

さて、インジケーター上の燃費はどうなっているのでしょうか?

平均燃費は13.0km/Lでした。

つまり…

平均燃費は満タン法よりも燃費がよく表示される

という結果となりました。

インジケーター上の燃費というのは、実際の燃費よりも良く表示される場合が多いようです。

インジケーター上の燃費を参考にされる場合は、注意が必要ですね。

今回検証したエブリィ DA17V PCリミテッド

納車時には14.7~8km/Lほどの平均燃費を記録しておりました。

今回満タン法で算出した燃費との差の原因は、いろいろあると思いますが、

納車時と大きく違うのはタイヤの外径かなと思います。

タイヤのサイズが変わることで、微妙に距離計の距離にも誤差が生じると思うので

そういった影響はあるのかもしれません。

ということで、今回の検証、いかがだったでしょうか?

みなさんのお車の燃費も、ぜひコメント等で教えて下さい♪

それでは!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事