こんにちは、謎の覆面男ショッパーです。

ペヨングやきそばって知っていますか?

私はペヤングやきそばは知っているんですが、ペヨングやきそばは知りませんでした。

また韓国企業のコピー商品だと思って、隣に置いてあった本物のペヤングと食べ比べをするつもりで両方買ったんです。

食べ比べてみると驚きの結果となったので、感想をレビューしてみます。

ペヨングとペヤングの違いについても調べてみました!

スポンサーリンク

ペヨングとペヤングの見た目の違い

まずは見た目の違いから比べてみましょう。

結構似てますよね?

違いとしては

・縦横の違い

・ペヤングの部分がアルファベット

・ペヤング(peyoung)→ペヨング(peyong)

・・・開き直った確信犯的なコピー商品なのか?

ペヨングとペヤングの中身の違い

本家ペヤングの外側のパッケージを開けるとこんな感じで説明書きが書いてあります。

ペヤングって会社名じゃなかったんですね。

『まるか食品株式会社』っていう会社が作っているのか。

知らなかったな。

で、ペヤングの内容物。

見慣れたところで・・・ここでも今さら気が付きました。

ペヤングの入れものってプラスチックの箱みたいなものじゃなかったか?

いつ変わったか知りませんが、変わっていることは確かです。

よく見ると、外側のパッケージには名残が印刷されているし・・・

だって、お湯を切るときに蓋がちゃんとしまっていなくて、中身が排水溝に消えていった記憶がありましたから(笑)

それも一度や二度じゃない・・・ただ私がドンクサイだけかもしれないけど。

いつのまにか改善されていたんですね。

続いて偽ペヤングペヨングのパッケージを剥ぎました。

おぉ!内側までソックリダヨ・・・

これじゃあパッケージ剥いたらどっちがどっちだかわからなくなってしまう。

というわけで、クシャクシャにしてしまったパッケージを急遽写真に入れることにしたのでした。

続いてペヨングの内容物。

見た目では、かやくとソースが違うっぽいですね。

おや?よく見るとちょいちょいペヤングって書いてあるものが入っています。

パッケージをよくみると、こちらも作っているのは『まるか食品株式会社』だ。

よく見ると作っている会社同じですね!?

ナニコレ珍百景・・・

メーカー公認の偽物?

それは偽物ではないか?

ペヤングとは別物のやきそばってことか?

脳内でクエスチョンマークが3つぐらい出ました。

それと、ペヨングを開けてみて気づいたのですが、

ペヤングのかやくに入っていた肉が入っていませんでした。

↑ペヤングの肉入りかやく

これがペヨングとペヤングの値段の差なのか?

スポンサーリンク

ペヨングとペヤングの味の違い

食べ比べのため、両方同時に作ってみました。

ペヤングの方はいつも通りうまそうですね。

もちろんこれは食べたことがありますので、きっと味は期待通りだと思われます。

一方ペヨング。

見た目には差がわかりませんね。

ペヤングの肉も目立たなかったし、匂いもほぼ同じような気がします。

さて、いよいよ食べ比べです。

ペヤング食べて

ペヨング食べて

またペヤング食べての繰り返し。

ハイ、みなさんご一緒に、

ご ち そ う さ ま で し た。

(最近2歳の娘がよく言っています)

食べ比べの結果、私の舌と鼻では違いがよくわかりませんでした。

そして、どちらも同じと認識されました。

おそらく、目をつぶって食べさせられたら(目を開いていてもぱっと見ではわからないんですが)当てる自信がありません。

これは・・・なんなんでしょう?

私が買った実売価格は40円ぐらい違うんですけどね。

今度からペヨングでいいかな・・・。

ペヨングとペヤングの違いを調べてみた

調べてみたところ、ペヨングは、ペヤングの麺の量を減らした廉価版らしいです。

ペヤングは170円くらいなのに対して、ペヨングはだいたい130円くらい。

姉妹品を発売することで、ドラッグストアやディスカウントショップが特売品として扱いやすくする戦略だ。

『まるか食品株式会社』の丸橋社長は

「パッケージを全面的に変えても売れないので若干イメージを残した」

と説明しています。

ペヤングよりも価格や内容量を落としたとの意味を込めてペヤングの「ヤ」を「ヨ」に変えたらしいですね。

なるほど、そういうことだったんですね。

じゃあペヨングのペヤングとの違いは

・価格が安い

・量が少ない

・かやくに肉が入ってない

といったところですね。

味は同じということで、量にこだわらない方はこちらでもいいかもしれませんね。

私の舌は間違っていなかったようです。

一安心。

と、いうことで!

このペヨング、もし味わってない方がいたら、ぜひ味わってみて下さい!

…味同じですが。笑

スポンサーリンク
おすすめの記事