今回は、3種類のスパイスから作る、市販のルーを使わないカレーの作り方をご紹介します。

スパイスからカレーを作ると聞くと「難しそう・・・」って思う人多いんですよね。

実は私もやる前はそう思っていたのですが、やってみたらそこまで難しくはなかったです。

「このカレー、実はスパイスから作ったんだよ」

的なことをさりげなくと言うと、周りの反応もかなりいいです。

超どや顔できます(笑)

モテたい人はぜひ!

 ※このカレーを作ったからと言って誰でもモテるわけではありません。(私もなぜか全然モテません。)

スポンサーリンク

カレーをスパイスから作る時に参考にした本

私もスパイスを研究して一からカレーを作ったわけではありません。

『3スパイス&3ステップで作る はじめてのスパイスカレー』

という本を参考にさせていただきました!!

この本を書かれている水野仁輔さんは、まさにスパイスカレーの専門家という感じの人。

というのが、この本に書かれていたコラムでよくわかりました(笑)

また、写真がたくさん載っており、なおかつシンプルでわかりやすく書かれているのでめっちゃ見やすいです。

本気で作ってみたい人はこの本を買って下さい。

マジでおすすめ。

カレーを作る3種類の基本のスパイスとは?

ターメリック

ウコンですね。

香り以外にもカレーっぽい黄色にするのに使う感じです。

ウコンなんで、入れすぎると苦くなります。

私はこちらのターメリックを買って使ってます。

ただ、量が多いので、カレーだけでは使い切れないかもしれません。

ターメリックライスや、パエリアを作ったりする人はおすすめです。

カイエンペッパー

唐辛子。

辛さはこれで調節します。

コリアンダー

実はこれ、パクチーの種です。

煮込むとカレーにとろみをつけたり

(と言っても、市販のルーみたいなドロドロにはなりません)

他のスパイスとのバランスを取ってくれるらしい。

別名、調和のスパイス。

以上、3種類のスパイスが必要となります。

そんなものはスーパーに売ってない!

という人は私みたいにAmazonで買って下さい。

スポンサーリンク

カレーを3種類のスパイスから作る方法

スパイス以外の必要な材料

まずは

「これはスパイス以外にも絶対用意しとけ!」

っていう重要な材料から。

・たまねぎ

・にんにく

・しょうが

・カットトマト(トマト缶)

・塩

これ以外はもう、好きな具材使って下さい。

めんどくさい人は、にんにくとしょうがはチューブでもいいです。

カレーをスパイスから作る手順

「どんな感じか知りたい」みたいな人向けにささっと書きますね。

本気の人は本を買っていてもうここは見てないと思うので(笑)

1.タマネギをガッツリ炒める

みじん切りにしたたまねぎを、これでもかというくらい徹底的に炒めつけます。

全体的に茶色くなって「フチとか若干コゲてない?」ってくらいまで。

2.にんにくとしょうがを入れて炒める

すりおろしたにんにくとしょうがを入れてさらに炒めます。

めんどくさい人はチューブでも可。

(味落ちるけど)

水に溶かしてあるといい感じです。

水分を飛ばす感じで炒めます。

3.カットトマト(トマト缶)を入れて炒める

これも水分を飛ばす感じでガッツリ炒めます。

4.スパイスと塩を投入

水分が飛んだら

・ターメリック

カイエンペッパー

コリアンダー

の順で混ぜては入れを繰り返します。

5.水と具を入れて煮る

あとは水入れて、好きな具を入れて煮込みます。

最後に味見しながら好きな味に整えて下さい。

スパイスは香りであって味ではないので、塩だけだとけっこう薄味です。

鶏がらスープの素とかコンソメとかウェイパーとか好きに入れちゃって下さい。

最後に・・・

もう一度言いますが

スパイスからカレー作ったんだよね

って言うと、めっちゃスゴそうに聞こえるのでおすすめです。笑

見ての通り、知ってさえいればそこまで難しくはないのかなと…

スポンサーリンク
おすすめの記事